体を大切にしていますか?

カテゴリ: 関節痛・リウマチ・腰痛など


ボベランエマルジェル


ボベランエマルジェル


ボベランエマルジェル50gは、ゲル剤(塗布タイプ)の外用消炎鎮痛剤です。

有効成分は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のジクロフェナクナトリウムで、これは、日本で幅広く使われているボルタレン錠、ボルタレン坐剤やボルタレンゲルと同じ有効成分です。

ボルタレンゲルと同様の1%の濃度で、ジクロフェナクナトリウムを含有していますので、同等の効果が得られると考えられます。変形性関節症、肩関節周囲炎、腱鞘炎などの関節炎の炎症を抑えて、鎮痛効果を発揮することが認められています。また、筋肉痛や打撲などの外傷後の痛みや腫れも抑えてくれます。

有効成分のジクロフェナクナトリウムは、シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害します。シクロオキシゲナーゼは、生体内で炎症や痛みを引き起こすプロスタグランジンの合成に関わっています。つまり、ジクロフェナクナトリウムは、このプロスタグランジンの生合成を抑えることで、消炎・鎮痛効果を発揮します。

ボベランエマルジェル50gは、皮膚に塗布することで効果を発揮します。ジェルタイプの外用製剤であり、皮膚からのジクロフェナクナトリウムの吸収が良好と言われています。皮膚から吸収され、患部に浸透したジクロフェナクナトリウムは、そこでプロスタグランジンの生合成を抑えます。このため、患部の炎症および痛みを速やかに緩和することが可能となっています。炎症による痛みや腫脹に対する対症療法(症状を抑える治療)として、有用な外用製剤です。

またジェルタイプで組成に油分を含んでいませんので、薬剤の伸びが良好で、肘や膝などのよく動かす関節にも容易に使用できます。さらに塗った後の乾きが早く、べとつきが少ない薬剤です。1本50gですので、塗る回数や部位にもよりますが、1本がおよそ3~5週間分となります。

ボベランエマルジェル


プラキニル200mg


プラキニル200mg


プラキニル200mgは全身性エリテマトーデスや関節リウマチをはじめ、円板状エリテマトーデスや小児リウマチ、その他の膠原病の症状を改善するための治療薬として使用されています。最初は抗マラリア薬として、マラリアの治療や予防のために使用されていましたが、研究が進む中で上記のような病気に対しても治療薬として効果があることが確認されました。全身性エリテマトーデスというのは、自分の免疫細胞が自分の体を攻撃してしまうという病気(自己免疫疾患)で、その詳しい原因は未だにわかっていません。その症状としては、関節や腎臓、粘膜や血管壁に慢性の炎症性結合組織を引き起こします。

関節リウマチも自分の免疫細胞が主に手足の関節を攻撃することで炎症を生じる自己免疫疾患です。関節痛や関節の変形が生じ、強張りといった感覚を覚えるようになります。ひどくなると物が握れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。現時点ではどのような作用機序でこれらの自己免疫疾患に効果があるのかは明らかではありませんが、免疫系の活性化をもたらす免疫細胞の連絡を阻害していると考えられています。

プラキニル200mg


ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニルジェネリック)は全身性エリテマトーデスや関節リウマチをはじめ、円板状エリテマトーデスや小児リウマチ、その他の膠原病の症状を改善するための治療薬として使用されています。最初は抗マラリア薬として、マラリアの治療や予防のために使用されていましたが、研究が進む中で上記のような病気に対しても治療薬として効果があることが確認されました。全身性エリテマトーデスというのは、自分の免疫細胞が自分の体を攻撃してしまうという病気(自己免疫疾患)で、その詳しい原因は未だにわかっていません。その症状としては、関節や腎臓、粘膜や血管壁に慢性の炎症性結合組織を引き起こします。

関節リウマチも自分の免疫細胞が主に手足の関節を攻撃することで炎症を生じる自己免疫疾患です。関節痛や関節の変形が生じ、強張りといった感覚を覚えるようになります。ひどくなると物が握れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。現時点ではどのような作用機序でこれらの自己免疫疾患に効果があるのかは明らかではありませんが、免疫系の活性化をもたらす免疫細胞の連絡を阻害していると考えられています。

ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


ハイフェナクは一般名アセクロフェナクです。国内では未承認の非ステロイド抗炎症薬になります。非ステロイド抗炎症薬は痛み止めや炎症止め、解熱剤などとして用いられる事の多い薬剤のグループです。よく知られている非ステロイド抗炎症薬にはロキソニン(ロキソプロフェン)やアスピリン(アセチルサリチル酸)などがあります。アセクロフェナクはスペインで開発された、新しい非ステロイド抗炎症薬です。ヨーロッパを中心に数か国で使用されており、特に慢性関節リウマチや変形性関節炎などの炎症や痛みの軽減に有効性を持つと考えられています。ハイフェナクはインドの製薬メーカーであるインタスファーマ社が製造しています。

ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


ニューコキシア60mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg




ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


ニューコキシア120mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg

このページのトップヘ