体を大切にしていますか?

カテゴリ: 脂質異常症(高脂血症)


リピトールジェネリック(アトルバスタチン)10mg


リピトールジェネリック10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

リピトールジェネリック10mgは世界的に有名なジェネリックメーカーであるTeva Pharmaceutical Industries Ltd(テバファーマスーティカル・インダストリーズ)によって製造・販売されています。

テバグループは、製薬メーカーとしては世界10位以内、ジェネリックメーカーとしては世界No.1の企業です。

1901年に創業され、現在では従業員数は約58,000人で、世界100ヵ国で展開されています。

世界No.1ジェネリックメーカーだけあり、リピトールジェネリック10mgは、先発品リピトール錠10mgに勝るとも劣らない優れた治療効果をあらわします。

日本でもテバグループのリピトールジェネリックは展開しています。

アトルバスタチン錠10mg「TYK」という名前で製造・販売されており、日本の多くの医療機関で処方されています。

服用することで強力にコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を下げることができます。

リピトールジェネリック(アトルバスタチン)10mg


ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)20mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)10mg


ロザリップ(クレストール)10mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)10mg


リプロレス(フェノフィブラート)145mg


脂質異常症は、以前に高脂血症とよばれていた病気のことで、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が高くなっている状態です。血液中に過剰な脂質があると、血管の壁にこびりつき、血液の流れを悪くするだけでなく、動脈硬化を促進するといわれています。動脈硬化とは、血管が硬くなる状態をさし、将来的に狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こす原因になります。

リプロレスには、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。血液中の脂質を下げる薬にはいくつか種類がありますが、リプロレスはフィブラート系とよばれています。中性脂肪が血液中から消失する速度を速めたり、体内で合成されるのを防ぎます。また、肝臓でコレステロールが生成されるのを抑制し、早く排出されるようにはたらきかけます。悪玉コレステロールが動脈硬化の原因といわれていますが、悪玉コレステロールは下げ、善玉コレステロールはむしろ増加するという効果が期待されています。善玉コレステロールは、長寿の方に多く見られるなどの報告があります。中性脂肪を下げる作用が強い薬として知られているので、中性脂肪は正常範囲でコレステロールのみ高い方には推奨されません。臨床試験では、糖尿病を合併している中性脂肪の高い方が内服すると心筋梗塞などの発症率を約10%減少したことが報告されています。

リプロレス(フェノフィブラート)145mg

このページのトップヘ