体を大切にしていますか?

カテゴリ: インフルエンザ


タミフルジェネリック(エンフルビル)


タミフルジェネリックは誰もがご存知の抗インフルエンザ薬「タミフル」のジェネリック医薬品です。先発品であるタミフルと同一成分・効果でありながら安価でお買い得です。
商品名は「エンフルビル」です。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症です。発熱、頭痛、喉痛、鼻水、咳、筋肉・関節痛などの風邪に似た症状が急激に現れ、3日ほど高熱が続き数日かけて回復します。

タミフルジェネリックはインフルエンザの治療薬として有名ですが、発症前に10日間服用することでインフルエンザ予防効果も発揮します。
治療目的ではもちろんのこと、受験など大事なイベントがあってインフルエンザ感染を避けたい時に予防目的で服用しておくと安心です。

主に毎年流行するA型とB型インフルエンザに有効ですが、新型インフルエンザの多くに対しても有効です。たまにタミフル耐性を持ったウイルスが発現することがあるので注意が必要です。

近年国内では1回飲みきりの抗インフルエンザ内服薬(商品名ゾフルーザ)や1回吸入するだけの抗インフルエンザ吸入薬(商品名イナビル)など新しい薬が販売されていますが、これらの抗インフルエンザ薬は服用が楽な反面「1回勝負だから失敗(吐いてしまったり咳き込んだり)できない」といったデメリットもあるため、服用に不安がある方や確実に効果を発揮させたい方はタミフルジェネリックがお勧めです。

タミフルジェネリック(エンフルビル)


タミフル


有効成分のオセルタミビルリン酸塩は、香辛料として有名な「八角」を原料とし、インフルエンザウイルスが体内で増殖する時に必要な「ノイラミニダーゼ」というタンパク質の働きを阻害することによって、ウイルスの増殖を抑えます。インフルエンザには稀にC型も存在しますが、C型のインフルエンザウイルスには、ノイラミニダーゼが存在しないため、タミフルは効きません。ただC型はA型やB型に比べると症状が軽く、普通の風邪のような経過で治ってしまうことも多いためあまり問題視する必要はないと言われています。

タミフル自体にはウイルスを殺す働きはないため、ウイルスの増殖がピークを迎える発症から48時間以内に服用することが非常に重要とされています。

インフルエンザの主な症状は急な高熱や全身倦怠感、関節痛などで、ウイルスが体内に入ってからある程度増殖し、感染から約24時間後に症状が出ると言われています。そのため、インフルエンザウイルスに感染前や感染後でも潜伏期間の段階で、タミフルを服用した場合、薬の服用期間中に限りますがインフルエンザ発症を抑えることができます。

ある製薬会社の研究発表によると、予防目的でタミフルを服用した場合のインフルエンザの感染率は、1.3%だと言われ、高い予防効果を示しています。ただ現在の日本において、インフルエンザ予防でタミフルを使用することが認められるのは、原則としてインフルエンザ発症者と一緒に生活している方、慢性心疾患や呼吸器疾患などを持っており、インフルエンザ発症時に重症化が心配される方、65歳以上の高齢者に限定されています。

そして、予防目的で使用する場合は保険適応が認められないため、医療機関で処方してもらう場合は、合計で5000?8000円(薬剤代の他、診察・処方箋料・調剤料など含む)程度の自費負担が必要とも言われています。しかし上記のような対象に入らない方でも、大事な試験を控えた受験生やどうしても仕事は休めないという方でインフルエンザを予防したいと思う方はネットでタミフルを購入することもおすすめです。インフルエンザ流行期前のワクチン接種も有効な予防策のひとつですが、残念ながらワクチンを接種していても100%発症を予防できるわけではありませんので、ここぞという時にはタミフルを併用し、より確実に予防しましょう。

タミフル


アマントレル(塩酸アマンタジン)100mg


マントレル100mgはパーキンソン病の治療薬です。

有効成分にアマンタジン塩酸塩を含有し、日本でも承認されているシンメトレル錠100mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

アマントレル100mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

服用することで先発品シンメトレル錠100mgと同等の効果が期待でき、ふるえやこわばりを改善し、体の動作をよくしてくれます。

また、A型インフルエンザの治療にも用いることができます。

アマントレル(塩酸アマンタジン)100mg


リレンザ(抗インフルエンザ薬)


リレンザは有名な抗インフルエンザ薬です。

世界的に有名な製薬企業であるGlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)によって製造・販売されています。

吸入することでインフルエンザを治療・予防することができます。

リレンザは優れた抗インフルエンザ作用を持ち、世界中で承認・使用されています。

リレンザは、1990年、英国グラクソ・スミスクライン社がオーストラリアバイオタ社より導入し、その開発が本格的に開始されました。

海外では、第�T相試験が1993年より英国で実施され、その後欧州、北米及びオーストラリアを中心とする南半球で検討が重ねられ、有効性と安全性が認められたため、まず1998年にオーストラリアで本剤の承認申請が行われ、1999年3月に承認されました。

また欧州では相互認証制度の基準国であるスウェーデンで1999年2月に承認された後、他の欧州諸国(EU)14ヵ国すべてが1999年6月に、米国では1999年7月にそれぞれ承認となりました。

日本でも1999年12月にリレンザは承認されており、それ以来多くの医療機関でインフルエンザと診断された患者の治療のために処方されています。

リレンザは、インフルエンザに罹ったときに病院を受診するのは非常につらく、そんなときのために手元に置いておきたい方におススメです。

また、インフルエンザの予防のためにも使用できるため、大事な試験や面接、発表会など、インフルエンザに罹るわけにはいかない方にも使用できるので、そのような方の購入もおススメです。

リレンザ(抗インフルエンザ薬)


タミフルジェネリック


A型およびB型インフルエンザウィルス感染症(通称インフルエンザ)に対する治療薬として世界中で使用されているタミフルにジェネリック医薬品が登場です。

1カプセルに有効成分として先発品と同じオセルタミビルを75mg含有しています。有効成分オセルタミビルは、服用すると体内に吸収され、肝臓に移行し、肝臓に存在する酵素によって抗ウィルス活性体に変換されます。変換された抗ウィルス活性体はインフルエンザウィルス感染部位に速やかに移行し、治療効果をあらわします。

オセルタミビルは、ウィルスの増殖サイクルに必要な酵素であるノイラミニダーゼに特異的に結合し、その酵素の働きを阻害することでウィルスの増殖を抑制します。インフルエンザウィルスに感染すると、1~3日間ほどの潜伏期間を経て、発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉・関節痛、咳、鼻水などの症状が急にあらわれ、1週間程度症状が続きます。

インフルエンザは、風邪と比較して全身症状が強くあらわれ、高齢者や持病のある方ではもともとの病気が悪化したり、呼吸器に二次的な細菌感染を起こしたりすることが知られており、入院や死亡する危険性が高まります。

インフルエンザウィルスは、感染してから症状があらわれるまでの24時間に急速に数を増やし、発熱などの症状があらわれてから48時間以内にウィルスの複製・増殖のピークに達します。オセルタミビルの治療効果を十分にあらわすには、可能な限り早めに服用し、ウィルスの増殖を抑制する必要があります。そのため、インフルエンザの症状があらわれたら2日以内に薬を服用するのが推奨されています。

また、オセルタミビルはインフルエンザの予防効果もあり、服用している間は予防効果が続きます。受験やテストなど、どうしても外せないイベントがあるときにインフルエンザ予防のために服用することができるので多くの方に愛用されています。

感染した時も早めの服用が効果的だったり、つらい発熱時に病院を受診する手間が省けるなどの理由もあり、常備薬として手元に置いている方も多いです。

タミフルジェネリック

このページのトップヘ