体を大切にしていますか?

カテゴリ: 淋病


子供用アモキシリン


飲みやすい子供用のシロップタイプの抗生物質です。喉の痛みや発熱の一般的な風邪の症状などに処方されています。アモキシリンは、ペニシリン系の代表的な抗生物質、抗菌薬です。のどの痛みや発熱以外にも、様々な細菌に有効とされ、呼吸器や耳鼻科でも処方されることがあります。

子供用アモキシリン


カンピシシリン(アンピシリン)250mg


カンピシリンの有効成分はアンシピリンでペニシリン系の代表的な抗生物質の一つで、幅広い感染症に使用します。ペニシリン系抗生物質は、感染症の原因となる細菌の細胞壁を破壊することで、細菌を殺菌する働きがあります。

この細胞壁という部分は細菌の外側にある丈夫な膜で、ペプチドグリカンというタンパク質から作られていますが、カンピシリンはこのペプチドグリカンを合成する酵素の働きを阻害する作用があります。ヒトの細胞には細胞壁は存在しないので、細菌にだけ選択的に影響を与えることができるので、安全性の高い抗生物質といえます。

それゆえに、カンピシリンは細胞壁をもたないマイコプラズマや細胞壁にペプチドグリカンがないクラミジアには効果がありません。

カンピシリンは、グラム陽性菌・グラム陰性菌に対して効果があります。グラム陰性桿菌には抗菌作用が弱いペニシリンに比べても幅広い効果があるので、広域ペニシリンとも呼ばれています。呼吸器、皮膚、眼科、婦人科、消化器、歯科、耳鼻科などで適応があります。尿路感染症や淋菌感染症(淋病)、梅毒などの性感染症に処方されることが多い薬です。

カンピシシリン(アンピシリン)250mg


エルトシン(エリスロマイシン・エストレート)500mg


エルトシン500mgは、エリストロマイシン・エストレートを有効成分とするマクロライド系の抗生物質です。

何種類かに分類される抗生物質の中で、エルトシンは、細胞のたんぱく質合成の阻害によって細菌細胞の増殖を防ぐものです。たんぱく質は、細菌の生存や増殖において欠くべからざる物質です。細胞のDNAにある遺伝情報を元にたんぱく質が合成され、新しい細胞がつくり出されます。そのため、たんぱく質の合成を抑えることで、細菌は増殖できないことになります。

エルトシンはマクロライド系抗生物質に属し、外膜を持たないグラム陽性菌に効果を発揮するもので、主に肺、のど、耳、皮膚、鼻炎などに起こる感染の治療に使用され、呼吸器感染症の第1選択剤として使用されることが多いようです。抗生物質としては副作用も比較的少なく、適応する細菌の幅が広いうえに細胞内への浸透性が高いため、細胞内部に寄生する病原体に対しても有効です。さらには、その成分が感染部へ運ばれやすいため、効力を発揮しやすくなります。

エルトシン(エリスロマイシン・エストレート)500mg


エルトシン(エリスロマイシン・エストレート)250mg


エルトシンはエリスロマイシンのジェネリック医薬品です。エルトシンはマクロライド系抗生物質です。

国内のエリスロマイシンは1錠に200mgのエリスロマイシンを含む規格です。このエルトシンは、国内のエリスロマイシンよりも1錠に含まれる成分の量が多いため、摂取量にはご注意ください。

エルトシンはマクロライド系と呼ばれる抗生物質です。マクロライド系抗生物質にはエリスロマイシンの他に、クラリスロマイシン、アジスロマイシンなどの抗生物質があります。

3種類のなかではエルトシン(エリスロマイシン)が最も開発が古く、新しいマクロライド系抗生剤が開発されるにつれて使用される機会が減りつつありますが、長い期間使われてきた実績があります。

他のマクロライド系にくらべると、薬剤が作用する時間が短い薬剤になります。そのため短期間だけ薬剤の効果が欲しい場合に適しています。

細菌による感染症がおきたり悪化するのは、ヒトの体内に侵入した細菌が体内で増殖してしまうからです。薬を服用する事で細菌を殺すのですが、この時に困るのが、細菌もごく小さいながらヒトと同じように細胞やDNAを持つ生物である事です。

そのためヒトの細胞は殺さず細菌の細胞だけに作用する薬剤にするためには、何か仕組みが必要です。

マクロライド系抗生物質は、細菌の細胞のなかのリボソームという器官に作用する事で細菌の増殖を抑えます。細胞にあるリボソームはタンパク質の合成を行う器官です。このリボソームはヒトと細菌では大きさが異なっています。

この性質を利用して、マクロライド系抗生物質は細胞のリボソームのみを攻撃します。とくにマクロライド系には、リボソームの中でも50sと呼ばれるリボソームに働きかけ細菌の増殖を妨げる、という薬剤の特長があります。

エルトシン(エリスロマイシン・エストレート)250mg

このページのトップヘ