体を大切にしていますか?

カテゴリ: ミノキシジル(リアップ/ ロゲイン)


ロニテンジェネリック(ミノキシジル)10mg+フィンカーのセット


ロニテンジェネリックの成分はミノキシジルです。ミノキシジルは血管拡張や血行促進の効能がある高血圧薬ですが、服用した患者の髪がフサフサとなったことから発毛効果が確認されました。

錠剤のロテニンジェネリックは有効成分が体の中から作用をするので高い発毛効果が望めます。頭皮の収縮した血管を拡張して頭皮の血行を促進することで発毛作用をあらわすと考えられています。

ロニテンジェネリック(ミノキシジル)10mg+フィンカーのセット


ツゲイン5


ツゲイン5は、日本では大正製薬によって販売されているリアップシリーズのジェネリック医薬品です。

インドの有名なジェネリックメーカーであるシプラ社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ツゲイン5もそんな高品質なジェネリックの1つで、頭皮に直接使用することで、発毛を促し、毛髪を強く、太く、固くしてくれます。

ツゲイン5


ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)


ロニタブは、ミノキシジルを有効成分とする薄毛治療薬です。

ロニタブの先発品である「ロニテン」は元々、高血圧治療薬として開発されました。臨床試験の段階でロニテンを服用した人に多毛が認められたことから、近年においては発毛・育毛剤としての知名度の方が圧倒的に高くなっているようです。

日本ではミノキシジルは外用剤でのみ、厚労省の許可が下りています。皆さんもよくご存じの、大正製薬の「リアップ」です。海外では「ロゲイン」という名称で販売されています。

外用剤が皮膚からの吸収であるのに対し、ロニタブは全身の血流に乗って頭皮の隅々まで届くため、強力な発毛作用を発揮します。

ミノキシジルは、血管を拡張することより、毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛・育毛を促進します。毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを司る非常に大切な器官です。ここにしっかりと栄養が行き届くことで、健康的な毛髪の育成がしやすくなると言われています。逆に、頭皮部分の血行が悪くなければ、育毛もうまく進まないと考えられています。

また、ミノキシジルは毛根に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛を促します。他にAGA治療薬として有名なフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)とは異なる作用機序をもつため、これらの薬との併用が可能です。

ミノキシジルには発毛・育毛作用があるのに対し、フィナステリドは脱毛抑制薬であり、あくまで発毛・育毛効果はありません。ミノキシジルなどの発毛薬と脱毛抑制薬を併用したほうが効果は高く、脱毛抑制薬は、頭頂部型のAGAの場合はフィナステリド、前頭部型や全頭型のAGAの場合ではデュタステリドが有効なようです。そのためロニタブをフィナステリドやデュタステリド併用することもおすすめです。

AGAは放っておくとどんどん進行するため、早めの治療を心がけましょう。

ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)


ロニテンジェネリック(ミノキシジル錠)10mg


ロニテンジェネリックの成分はミノキシジルです。ミノキシジルは血管拡張や血行促進の効能がある高血圧薬ですが、服用した患者の髪がフサフサとなったことから発毛効果が確認されました。

錠剤のロニテンジェネリックは有効成分が体の中から作用をするので高い発毛効果が望めます。頭皮の収縮した血管を拡張して頭皮の血行を促進することで発毛作用をあらわすと考えられています。

服用開始から数週間後、一時的に初期脱毛期間が発生します。驚かれるかもしれませんが、古い毛が新しい毛に変わるための代謝がはじまります。

服用開始から3ヶ月ほど経つと毛の入れ替わりが完了に向かい、脱毛量は減少します。産毛が生え始め、それらが成長し後退型脱毛やM字脱毛部分に毛根が根付きはじめます。

一般に効果を自覚できるようになるまでは3ヶ月間~半年以上の期間が必要といわれます。継続的に内服することで、抜け毛の減少と発毛効果を常に実感できるようになります。

効果の実感は段階的に訪れるでしょう。手の甲、腕毛、頬や背中の毛、眉毛、こめかみの産毛(服用開始3?6週間後が目安)、そして最後に頭髪という順番で毛量は増えます。これはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)とDHTの生産に必要な5α還元酵素が頭部にのみ影響を及ぼすため、全身の毛根が活性化されてもDHTの妨害により頭部の発毛が遅れて発現するためです。頭髪以外の体毛が増えてきたらよいサインです。いずれ髪の毛に発毛効果が現れるシグナルと考えてください。

ちなみに、服用を中止すると1?6ヶ月ほどで服用前と同じ状態に戻ります。(服用期間・用量によります)

内服期間中は体重や血圧の変化を細かくチェックする習慣をつけましょう。過剰摂取は、めまいや失神などを引き起こす原因となります。座ったり立ったりした状態から急に立ち上がらないようにしてください。服用後は車の運転や機械操作は控えた方が良いでしょう。

ロニテンジェネリック(ミノキシジル錠)10mg


ロゲイン・ジェネリック5%(ロギノ)


ロギノは、発毛、育毛および脱毛(抜け毛)の進行を予防するリアップシリーズ(海外ではロゲイン)のジェネリックです。

ロギノは男性型脱毛症、いわゆるAGA(Androgenetic alopecia)の治療のために使用されています。

1日2回頭皮に塗布あるいはスプレーすることで、強力な発毛を促し、毛髪を強く、太く、固くしてくれます。

1本60ml入りで、1日2回、1回1ml使用するので30日(約1ヵ月)分です。

ロギノは、イギリスのロンドンに拠点をもつ製薬企業であるZimmar Pharma Limited(ジマーファーマ)によって製造・販売されています。

ジマーファーマ社は脱毛症の治療薬だけでなく、高品質なED(勃起不全)治療薬や肥満症治療薬のジェネリック医薬品も数多く開発しています。

海外の企業ですが、パッケージや説明書を日本人向けに日本語で表記したジェネリックを多く販売しているため、海外製品が苦手な方にも少しずつ認知されてきています。

ロギノも日本人向けの日本語パッケージ包装のため、安心・安全に脱毛症を治療することができます。

ロゲイン・ジェネリック5%(ロギノ)

このページのトップヘ