カテゴリ: 低用量ピル(避妊・PMS)


ヤスミン(ヤーズ)


女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能の維持などに深く関わる重要なホルモンです。これらのホルモンの増加減少によって生理周期のリズムが作られ、妊娠出産が成立します。

ヤスミンはこの2つの女性ホルモンを少量含有する低用量ピルです。有効成分として黄体ホルモンであるドロスピレノン3mgと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.03mgを含有しています。ホルモン含有量が少ないため正確には超低用量ピルと呼ばれています。第4世代という一番新しい世代のピルで、バイエル社から販売されています。

低用量ピルは女性自身で生理や妊娠をコントロールできる薬です。高い避妊効果があり、正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れることで、脳下垂体から「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識され、卵胞の発育・排卵・子宮内膜の増殖が抑制されます。子宮内膜は受精卵のベッドであるため増殖して厚くなることで受精卵が着床しやすくなる作用がありますが、子宮内膜の増殖が抑制されると着床しにくくなり妊娠が成立しにくくなります。

また、黄体ホルモンの作用によって子宮頸管粘液の粘度が高まり精子が通りにくい状態にもなります。低用量ピルは、「排卵を抑制する」、「子宮内膜の増殖を抑制する」、「精子を通りにくくする」という、3段階の作用によって高い避妊効果を発揮します。尚、服用を中止すると脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促すようになります。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを一定に安定させる効果があるため、避妊以外にも月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ヤスミンは第三世代までの従来の低用量ピルに多く発現する食欲増進、体重増加、むくみ、肌荒れなどの副作用が起こりにくくなっています。ヤスミンに配合されている黄体ホルモンのドロスピレノンは新しい黄体ホルモン製剤であり、利尿作用を有しているためむくみにくくむしろむくみを取る効果が期待できます。また、天然の黄体ホルモンに非常に似ているためより自然に作用します。更に、肌荒れの原因であるアンドロゲン(男性化)作用を起こしにくいため肌荒れを予防できます。

ヤスミンは1錠に含まれるホルモン量が1周期を通じて全て同じであるため飲み間違いの心配がなく簡単に服用できます。

ヤスミン(ヤーズ)


マーベロンジェネリック(ジュリアナ)


低用量ピルは女性自身で生理と妊娠をコントロールできる経口避妊薬です。少量の女性ホルモン2種を含有しており、排卵抑制作用・子宮内膜の増殖抑制作用・粘液変化による精子侵入阻害作用でほぼ100%妊娠を回避します。
また、服用することで卵巣・子宮を休めホルモンバランスを整えます。

ジュリアナは第3世代という比較的新しい世代の低用量ピルで、従来の低用量ピルに比べると効果を維持したままホルモン量が少なく設計されているため副作用が少ないことが特徴です。
また、1相性と分類される低用量ピルであり、21錠全てが同一の成分量であるため服用が簡単です。

ジュリアナは日本でも販売されている有名な低用量ピル「マーベロン」のジェネリック医薬品であるため先発品のマーベロンと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

マーベロンジェネリック(ジュリアナ)


ジネット35


女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能など生涯に渡り多くの機能に深く関わる重要なホルモンである女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類があります。これらのホルモンの増加・減少から生理周期のリズムや妊娠出産が成立しています。

低用量ピルは少量のエストロゲンとプロゲステロンを含有する女性ホルモン製剤です。ごく少量の女性ホルモンを補充することで女性自身で生理や妊娠をコントロールし、パートナーに頼らずに避妊をすることができます。非常に高い避妊効果があり、正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルは3つの作用によって避妊効果を発揮します。

1つ目は排卵抑制作用です。低用量ピルによって脳下垂体が「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識するために排卵が起こらなくなります。

2つ目は子宮内膜の増殖を抑えて受精卵を着床しにくくする作用です。子宮内膜が増殖せず薄いままだと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。

3つ目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぐ作用です。

このように3段階において妊娠を回避する作用があるため高い避妊効果を発揮します。尚、服用を中止すれば排卵は再開します。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを整えるため、避妊目的以外にも月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症、不妊症、更年期障害、難治性の大人ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ジネット35は有効成分として酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を含有する新しい世代の低用量ピルです。インドの大手ジェネリック医薬品メーカーシプラ社から販売されています。

ジネット35は海外では非常に有名な低用量ピル「ダイアン35」のジェネリック医薬品であり、同成分・効果でありながら低価格で購入できます。副作用が少なく、小柄なアジア人向けだという呼び声が高いです。

有効成分の酢酸シプロテロンは従来の低用量ピルの黄体ホルモン製剤にはなかった「男性ホルモンを抑制する作用」を持っています。そのため男性ホルモンの優位が原因で起こる大人ニキビに対して従来のピルより高い改善効果があり、海外ではニキビ治療に特に多く使用されます。

この作用によって男性型の多毛症や抜け毛に対しても改善効果が期待でき、更に巷では女性化希望の男性でも本剤を愛用している方が多いと言われています。(男性が服用する前提で開発されていないので、決して自己判断で安易に服用しないでください。)

ジネット35


マイクロジノン21


マイクロジノン21は、ドイツの有名な製薬メーカーであるバイエル社が開発した経口避妊薬です。

有効成分として、女性ホルモンである黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)を含有しています。とくに黄体ホルモンのレボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)からも避妊効果が強く安全性が高いということを認められ、多くの避妊薬に含有しています。

1日1錠を21日間連続して服用することで強力に排卵を抑制し、妊娠を予防することができます。さらに、子宮の状態を調整して精子が子宮内に侵入するのを阻害する効果と、受精卵が着床するのを阻害する効果もあり、妊娠を予防することができます。

マイクロジノン21は、妊娠防止する効果だけでなく継続して服用することで体内のホルモンバランスを整える効果もあります。ホルモンバランスが崩れて生理の周期が乱れていると、情緒が不安定になったり、肌荒れ等身体にも不調が出てきます。

マイクロジノン21の2つの女性ホルモンがホルモンのバランスを改善し、生理周期を正常化することで、生理前のイライラや情緒不安定な状態になるPMS(月経前症候群)や生理痛を軽減することがでいきます。

マイクロジノン21を服用することで、女性の気になる多くのトラブルを解決することができるのです。

有効成分のレボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)から避妊効果と安全性に優れていることを認められています。現在市場に流通する数多くの避妊ピルにはレボノルゲストレルが配合されています。また卵胞ホルモンと呼ばれるエチニルエストラジオールも、避妊効果に大切な役割を果たしています。経口タイプの避妊薬の副作用の多くは、この卵胞ホルモンに関係しているといわれています。

実は、経口避妊薬の研究開発は、いかに卵胞ホルモンの配合量を少なくするか、という課題と向き合い続けて行きた歴史そのものであるといっても過言ではありません。マイクロジノン21は、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mgという超低用量配合で製薬されており、副作用のリスクが小さいことが最大の特徴です。超低用量ピルとも呼ばれています。

また当然ですが注意点として、経口避妊薬は妊娠を予防するためのもので、性病を防ぐ効果はないということです。ほとんどの経口避妊薬にも、HIV感染(エイズ)および他の性感染症(例えば梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス症、B型肝炎等)を防止するものではないと注意喚起がされています。

これらの感染防止には、コンドームを使用するようにしてください。

マイクロジノン21


ダイアン35


体内で分泌される女性ホルモンは女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能など多くの機能に大きく関わる非常に重要なホルモンです。女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類がありますが、これらのホルモンの増加・減少のバランスから生理周期のリズムや妊娠出産が成立しています。

低用量ピルは少量のエストロゲンとプロゲステロンを含有する女性ホルモン製剤です。ごく少量の女性ホルモンを補充することで女性自身で生理や妊娠をコントロールすることができます。正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルは3つの作用によって避妊効果を発揮します。

1つ目は排卵抑制作用です。低用量ピルによって脳下垂体が「女性ホルモンが十分に分泌されている=妊娠時の状態」と認識するために排卵が起こらなくなります。

2つ目は子宮内膜の増殖を抑えて受精卵を着床しにくくする作用です。子宮内膜が増殖せず薄いままだと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。

3つ目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぐ作用です。

このように3段階において妊娠を回避する作用があるため、低用量ピルは非常に高い避妊効果を発揮するのです。尚、服用を中止すればじきに排卵は再開します。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを正しく整えるため、避妊目的以外にも月経困難症、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、不妊症、更年期障害、難治性の大人ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ダイアン35は有効成分として酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を含有する新しい低用量ピルです。副作用が少なく、日本では未認可ですが用量的に体格が比較的小さめのアジア人向けだと言われています。

また、有効成分の酢酸シプロテロンは従来の低用量ピルの黄体ホルモン製剤と違って男性ホルモンを抑制するという特徴的な作用があります。そのため男性ホルモンの優位が原因で発生する大人ニキビに対して従来のピルよりも著しい改善効果があり、海外ではニキビ治療目的でダイアン35は特に多く使用されます。

男性ホルモン抑制作用からダイアン35は男性型の多毛症や抜け毛に対しても改善効果が期待でき、更に巷では女性化希望の男性でもダイアン35を愛用している方が多いと言われています。(男性が服用する前提で作られていないので、決して自己判断で安易に服用しないでください。)

ダイアン35

↑このページのトップヘ