体を大切にしていますか?

2019年03月


ゾビラックスジェネリック800mg


ゾビラックスジェネリック800mgは、水ぼうそう(水痘)やヘルペスなどの治療薬ゾビラックスのジェネリック医薬品です。

服用することで病気の原因となるウィルスに感染された細胞のみを特異的に攻撃し、ヒトには危害を加えず安心・安全に治療することができます。

ゾビラックスジェネリック800mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ゾビラックスジェネリック800mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品のゾビラックスに勝るとも劣らない非常に優れた治療効果があります。

分散錠(Dispersible tablets)といわれるタイプのお薬で、水に非常に溶けやすく、スプーン1杯程度の水(約5ml)に溶かしてサッと服用することができます。

服用することで体内に速やかに吸収され、速攻で抗ウィルス作用をあらわすことができます。

<成人>

単純疱疹
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制
帯状疱疹


<小児>

単純疱疹
造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制
帯状疱疹
性器ヘルペスの再発抑制(体重40kg以上)

ゾビラックスジェネリック800mg


ゾビラックスジェネリック400mg


ゾビラックスジェネリックは有効成分としてアシクロビル400mgを含有する抗ヘルペスウイルス薬で、ヘルペスウイルスの増殖を抑制することでヘルペスウイルス感染による症状を改善、根治します。 本剤はジェネリック医薬品であるため、先発品であるゾビラックスと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。抗ヘルペスウイルス薬は高価な薬なので治療が大きな出費になりますが、ジェネリック医薬品だと大分価格を抑えることができます。

ヘルペスウイルス感染症は、主に単純ヘルペスウイルス1型による口唇ヘルペス・単純ヘルペスウイルス2型による性器ヘルペスの「単純疱疹」と水痘・帯状疱疹ウイルスによる「帯状疱疹」、そして「水疱瘡(みずぼうそう)」が挙げられます。

単純疱疹は患部周囲に水ぶくれや発赤がぽつぽつと現れるのが特徴で、帯状疱疹は身体の知覚神経の部分に発症して身体の左右どちらか一方の神経に沿って皮膚に到達し、帯状に大量の水ぶくれや発赤を生じてピリピリと刺すような痛みである神経痛を伴うことが特徴です。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスでは、感染した場所に水ぶくれができ、痛痒い状態が続きます。水ぶくれが潰れた際に浸出する液にはウイルスが含まれているため、接触することで他の人にうつる恐れもあるので注意が必要です。

単純ヘルペスウイルス1型(口唇ヘルペスの原因)は70~80%、2型(性器ヘルペスの原因)は2~10%の日本人が感染していると言われています。とても身近にあるウイルスであり、感染しても健康な状態においては症状は発現しません。疾患・疲労・ストレスなど何らかの要因で身体の免疫力が低下していると、体内のヘルペスウイルスが異常増殖し、ヘルペスウイルス感染症による症状を引き起こします。帯状疱疹は昔感染して体内に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが単純疱疹と同様に身体の免疫力が低下している時に活動再開して発症します。

ヘルペスウイルスは自身のDNAを複製することで増殖をしますが、ゾビラックスジェネリックはウイルスのDNA複製に必要なDNAポリメラーゼという酵素を阻害します。 DNAポリメラーゼを阻害することでDNA複製を抑制し、ウイルスの増殖を止めます。

性器・口唇ヘルペスなどの単純疱疹に対しては一般的には5日間の服用で症状を改善・治癒します。症状の重い初感染の場合や再発性のヘルペスの場合では完治までに1~2週間かかることもありますが、多くは1週間以内で治療が終了します。 帯状疱疹に対しては7日間の服用で治癒、また後遺症(帯状疱疹後神経痛)を防ぎます。 尚、ゾビラックスジェネリックの効果が目に見えて発揮されるのは服用開始からおよそ2~3日です。

ヘルペスウイルス感染症の治療で非常に重要なのが、ゾビラックスジェネリックをできるだけ早期服用開始することです。発症してからの早期の段階で服用することによって改善・治癒を早めます。72時間以内に服用で感染症の重症化を防ぐことができると考えられています。特に再発性のヘルペスにおいては、早期の服用によって発症を予防できます。

ヘルペスの再発を何度も繰り返す方は発症直前に患部の疼きや違和感など前兆を感じることが多くありますが、前兆の時点でゾビラックスジェネリックの服用を開始することを推奨します。再発性のヘルペスの場合はできれば発症後6時間以内、遅くても24時間以内の服用が望ましいとされています。

ゾビラックスジェネリックは現在主流で使用されているバラシクロビル(商品名バルトレックス)よりも安いというメリットはありますが、吸収効率が悪いために1日に5回の服用が必要というデメリットがあります。( バラシクロビルは1日2回の服用です。)疾患に対する効果や効能に違いはありません。

ゾビラックスジェネリック400mg


アシビルクリーム(ゾビラックス)


アシビルクリームは、日本ではゾビラックスクリーム5%ととして販売されている抗ヘルペス薬のジェネリック医薬品です。

アシビルクリームは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

アシビルクリームもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

1日数回、性器や口唇などヘルペスのある部位に塗ることで、皮膚をきれいに治すことができます。

ヘルペスは1度発症すると疲労やストレスなどで再発しやすく、再発したときは早めの治療が肝心です。

仕事や学校などで忙しく病院を受診している暇がない人は、常備薬としてすぐに再発したら使用できるように手元に置いておくのもおススメです。

アシビルクリーム(ゾビラックス)

アシビルクリームの有効成分


アシビルクリームの有効成分はアシクロビルです。

1g中にアシクロビルとして50mg含有しています。

アシクロビルは単純疱疹の治療薬です。

単純疱疹は一般的にヘルペスとも呼ばれています。

単純ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルスによって引き起こされます。

ヘルペスウイルスの初感染、再感染(同じウィルスに再び感染した場合)、再発(初感染後、体に潜んでいたウィルスが、再活性化して症状があらわれる場合)により、皮膚や粘膜に小水疱(小さい水ぶくれ)やびらん(ただれ)を主体とする病変が生じます。

初感染は、ウィルスに対して免疫を持っていないために高熱などの全身症状を伴い、ひどい症状になります。

ヘルペスウィルスは、体のどこにでも感染します。

とくに感染しやすい部位は、口唇が最も多く、次いで性器ヘルペス、顔面ヘルペスとなっています。

感染は主に接触感染です。

水泡やびらん面などの病変部や唾液などと接触することでヘルペスウイルスに感染します。

また、ヘルペスウイルスに感染しているキャリアとの性行為でも感染します。

ヘルペスウィルスは1度感染すると、再発しやすいという特徴があります。

初感染後にヘルペスウィルスは知覚神経節の神経細胞に潜伏し、発熱、紫外線、疲労、ストレスなどにより免疫力が低下することで症状がぶり返してしまいます。

ヘルペスの症状は早めの段階で治療するほどより治りやすく、放置するほど治りにくくひどくなってしまいます。

そのため、早めにアシクロビルを使用して治療する必要があります。

有効成分アシクロビルは、この厄介なヘルペスを治療することができます。

ウィルスに感染された細胞内で活性化し、ウィルスのDNA複製を抑制することで治療効果をあらわします。

ウィルスに感染されていない細胞ではほとんど効果をあらわさないので安全性が非常に高いです。

1日数回アシクロビルを患部に塗ることで、ウィルスの増殖を抑え皮膚を健康できれいな状態に戻してくれます。


ゾビラックスクリーム


ゾビラックスクリームは抗ウイルス薬で、ウイルスの中でも特にヘルペスウイルスに感染した時に効果があると言われています。

ヘルペスウイルスすべてに効果があるわけではなく、単純ヘルペスウイルス�T・�U型、水痘・帯状疱疹ウイルスに効果を発揮してくれます。

その中でも、ゾビラックスクリームは表面に見えるヘルペスにしか効果を発揮してくれません。なので、ゾビラックスクリームが使われる主な疾患は、口唇ヘルペス・陰部ヘルペスの2つになります。

ヘルペスウイルスに感染してしまうと、皮膚や粘膜に水膨れを作るのが主な症状です。口唇ヘルペスは、ストレスが溜まったときや体調が悪い時によくできます。性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染している相手とコンドームを使用せずに性交渉してしまうと感染してしまいます。

また、子どもの頃にかかりやすい水疱瘡や帯状疱疹も原因はヘルペスウイルスなので、効果を発揮してくれます。

ヘルペスウイルスが体内の細胞に入り込み症状を引き起こすことを感染と言います。ヘルペスウイルスはDNAの周りを取り囲んでいる状態なので、DNAが新しく作られていくのと一緒に体の中でどんどん増殖していってしまいます。

なので、DNAが作られるのを止めれば、ヘルペスウイルスの増殖も防げるということになります。そこで、その役割を担うのがゾビラックスクリームの有効成分であるアシクロビルです。アシクロビルにはDNAを作るのに必要な酵素であるDNAポリメラーゼといわれる物質を阻害する働きがあります。

結果的に、この酵素を阻害することでDNAが作られるのを防ぎ、ヘルペスウイルスの増殖を止めることで、症状が抑えられます。

ゾビラックスクリームは感染の根本のヘルペスウイルスに働きかけ殺菌するのではなく、体内での感染の広がりを抑える薬です。ゾビラックスクリームを塗ることで症状は治まりますが、ヘルペスウイルスは体の神経節と言われるところに潜伏してしまいます。

日本でも多く見られる感染症なので、感染していても無症状で気付かない方もいれば、症状を何度も繰り返し起こしてしまう方もいます。早期にゾビラックスクリームを塗り始めることで、症状は軽く済むので、症状が出たら早めに使用してください。

ゾビラックスクリーム


バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリックは性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などの治療に用いられる抗ウイルス薬で、バルトレックスのジェネリック医薬品です。

性器ヘルペスや口唇ヘルペスは再発しやすく、抗ウイルス薬の早期服用が治療のカギとなるため、バルトレックスジェネリックを常備しておくのがおすすめです。

バルトレックスジェネリックは単純ヘルペス(1型, 2型)、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス薬です。

有効成分のバラシクロビル塩酸塩は、ヘルペスウイルスDNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑えます。人間に感染するヘルペスウイルスには種類が8個あり、代表的なものに、単純ヘルペスウイルスが原因の口唇ヘルペス・性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の水ぼうそうや帯状疱疹などがあります。

口唇や性器ヘルペスでは、感染した場所に水ぶくれができ、痛痒い状態が続きます。水ぶくれが潰れて出てくる浸出液にはウイルスが含まれているため、接触することで他の人にうつす可能性もあります。

原因となる単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、1型には70~80%、2型には2~10%の日本人が感染していると言われ、とても身近にあるウイルスです。感染しても通常元気な時には症状が現れませんが、体の免疫が低下すると、体の中のヘルペスウイルスが増殖し、水ぶくれ症状を引き起こすのです。

帯状疱疹は昔に感染した水痘・帯状疱疹ウイルス(水ぼうそう)が原因で、体の抵抗力が低下している時に主に体の片側に痛みを伴った赤い発疹や水ぶくれを起こします。治療において、どの疾患にも共通してとても重要なのが、抗ウイルス薬をできるだけ早期に投与することです。

内服治療では昔はアシクロビル(商品名ゾビラックス)というお薬が主流でしたが、作用時間が短く、1日5回も服用しなければならないのが欠点でした。バラシクロビル塩酸塩はアシクロビルの弱点である作用時間を改善し、1日2~3回の服用で済むため、現在ヘルペスの内服治療では主流となっています。

バルトレックスジェネリック500mg10錠

このページのトップヘ