ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニルジェネリック)は全身性エリテマトーデスや関節リウマチをはじめ、円板状エリテマトーデスや小児リウマチ、その他の膠原病の症状を改善するための治療薬として使用されています。最初は抗マラリア薬として、マラリアの治療や予防のために使用されていましたが、研究が進む中で上記のような病気に対しても治療薬として効果があることが確認されました。全身性エリテマトーデスというのは、自分の免疫細胞が自分の体を攻撃してしまうという病気(自己免疫疾患)で、その詳しい原因は未だにわかっていません。その症状としては、関節や腎臓、粘膜や血管壁に慢性の炎症性結合組織を引き起こします。

関節リウマチも自分の免疫細胞が主に手足の関節を攻撃することで炎症を生じる自己免疫疾患です。関節痛や関節の変形が生じ、強張りといった感覚を覚えるようになります。ひどくなると物が握れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。現時点ではどのような作用機序でこれらの自己免疫疾患に効果があるのかは明らかではありませんが、免疫系の活性化をもたらす免疫細胞の連絡を阻害していると考えられています。

ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)