リレンザ(抗インフルエンザ薬)


リレンザは有名な抗インフルエンザ薬です。

世界的に有名な製薬企業であるGlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)によって製造・販売されています。

吸入することでインフルエンザを治療・予防することができます。

リレンザは優れた抗インフルエンザ作用を持ち、世界中で承認・使用されています。

リレンザは、1990年、英国グラクソ・スミスクライン社がオーストラリアバイオタ社より導入し、その開発が本格的に開始されました。

海外では、第�T相試験が1993年より英国で実施され、その後欧州、北米及びオーストラリアを中心とする南半球で検討が重ねられ、有効性と安全性が認められたため、まず1998年にオーストラリアで本剤の承認申請が行われ、1999年3月に承認されました。

また欧州では相互認証制度の基準国であるスウェーデンで1999年2月に承認された後、他の欧州諸国(EU)14ヵ国すべてが1999年6月に、米国では1999年7月にそれぞれ承認となりました。

日本でも1999年12月にリレンザは承認されており、それ以来多くの医療機関でインフルエンザと診断された患者の治療のために処方されています。

リレンザは、インフルエンザに罹ったときに病院を受診するのは非常につらく、そんなときのために手元に置いておきたい方におススメです。

また、インフルエンザの予防のためにも使用できるため、大事な試験や面接、発表会など、インフルエンザに罹るわけにはいかない方にも使用できるので、そのような方の購入もおススメです。

リレンザ(抗インフルエンザ薬)